Rules

マイクロセレクトロンHDR研究会 規約

 リモートアフターローディングシステム「マイクロセレクトロンHDR」を使用して行う治療技術の向上のために、共通的な問題や情報について話し合い、小線源治療発展に寄与するためにマイクロセレクトロンHDR研究会」(「mHDR研究会」と略す)を設立し、ここに規約を定める。

第1条
(目的)
 mHDR研究会(以下「本会」という)は、リモートアフターローディングシステム「マイクロセレクトロンHDR」(以下「mHDR」という)を使用しての治療方法、治療研究等の情報交換を行うことにより、治療技術および治療精度の維持向上を図り、以って、国民の福祉向上に寄与する。
第2条
(会員)
 mHDRの利用・普及に携わっている者、あるいは本会の趣旨に賛同した者で構成し、入会手続きをもって会員とする。
 会の名誉を傷つけ世話人会が除名を決議したとき、又は書面をもって退会を申し出たときは、その資格を喪失する。
第3条
(事業)
 本会は、第1条に掲げた目的を達成するために次の事業を行う。
 (1)学術研究会及び総会
 (2)情報交換、情報・資料の配付
 (3)その他、本会の目的達成に必要な事業
第4条
(会長)
 会長は世話人の互選によって選ばれ(但し、第1期会長は暫定世話人会により選任)、本会の趣旨に則り会務を統括し本会を代表する。また次にあげる責務と任務を全うする。任期は2ヵ年とする。但し、再任を妨げない。
 (1)本会に世話人等を置く。
 (2)世話人の指名をする。
 (3)必要に応じ世話人会を招集する。
(副会長)
 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、会長が指名するところに従いその職務を代行する。  
第5条
(組織)
 本会には以下にあげる役をおく。研究会全体の運営と事務は世話人会が行う。世話人会は会長・世話人・監事で構成する。研究会の役員人事については世話人会の議を経て行うこととする。
(1)会長
1名
(2)副会長
1名
(3)世話人
若干名
(4)監事
1名
(5)事務局
若干名
 世話人は会長を補佐し会務を実行する。監事は会務の監査を行う。事務局は庶務、経理を行う。任期は2ヵ年とする。但し、再任を妨げない。
 
第6条
(開催)
 学術研究会及び総会を毎年1回以上行う。
 前述のほか、会員が開催することを必要と認めたものは、会長に開催することを要請できる。
 情報交換会及び総会を開催するために、世話人会はあらかじめ文書をもって開催日時、場所、所要時間、内容を開催日30日前までに会員に通知する。
第7条
(運用)
 本会の経費は、会費(学術研究会会費)及び寄付金、その他の収入をもってあてる。
 本会の会計は、毎年1月1日から始まり、同年12月31日に終わる。
第8条
(規約の改正)
 本規約を改正する時は、世話人会に提議し、出席者の過半数の同意を得るものとする。規約を改正した場合はすみやかに会員に通知する。
第9条
(付則)
 この研究会「規約」は平成17年9月に世話人会で承認され、平成17年9月2日から施行する。
 平成17年11月27日世話人会にて、第5条の組織構成を改正とそれに伴い第8条、第9条を削除。新たに第9条(付則)を追加。
 平成27年12月5日世話人会にて、会計年度を見直し第7条のとおりを改正した。