Home

News :

2020.09.09 
今年のマイクロセレクトロンHDR研究会第16回学術研究会は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染再拡大などの状況を鑑み、オンライン開催とすることにいたしました。開催方法・詳細は順次ホームページ上にてご案内いたしますので、しばらくお待ちください。
2020.05.20 
2019年におけるフレキシトロンHDR及びマイクロセレクトロンHDRを使用した症例のアンケートを実施します。回答期限は7 月17日(金)です。ご協力をお願いします。
以下よりアンケートをダウンロードしてください。
mHDR症例アンケート用紙(zip圧縮済みExcelファイル)
2019.12.23
第15回学術研究会の研究資料に未掲載発表資料を掲載しました。
研究資料より閲覧下さい。
2019.12.16
第15回学術研究会の発表資料を掲載しました。研究資料より閲覧下さい。

※未掲載発表資料は後日掲載させて頂きます。
2019.12.09
2019年12月7日(土)に開催されました第15回学術研究会には、多数のご参加を頂き無事終了いたしました。
ご参加頂いた皆様に、心より御礼申し上げます。 発表資料は12月16日頃に掲載を予定しております。今しばらくお時間頂きたくお願い申し上げます。
2019.12.09
第8期(2020年)の研究基金には5題の応募があり、12月7日に開催されました選考委員会において3題が採択されました。
1)『子宮頸癌ハイブリッド腔内照射法の手技練習用装置の開発』

研究代表者:尾池貴洋/群馬大学大学院医学系研究科腫瘍放射線学

2)『線源駆出用ステンレス製アプリケータに起因する192Ir子宮頸がん
腔内照射の不確かさの低減に向けた研究』

研究代表者:平井隆太/埼玉医科大学国際医療センター放射線腫瘍科

3)『子宮体癌に対する根治的放射線治療の全国調査と最適な線量評価法の検討』

研究代表者:兼安祐子/国立病院機構福山医療センター放射線治療科

研究発表の内容は学術研究会での発表、若しくはホームページへ掲載されます。
2019.11.14
医学物理士認定機構より、マイクロセレクトロンHDR研究会第15回学術研究会が機構が認定した講習会として認められました。
・認定コード:G1/G2(機構が認定した講習会)
・認定番号:JBMP-2019-G-26
2019.11.07
第15回学術研究会の講演順番が変更されました。
プログラム(改訂版)
2019.10.24
12月7日(土)にThe Grand Hall(品川)において第15回学術研究会を開催します。参加申込期限は11月17日(日)です。
プログラム
会場案内図
参加登録フォーム
『マイクロセレクトロンHDRを使用した高線量率密封小線源治療ガイダンス2017』ご注文の受け付けを開始いたします。
・冊子 :10,000円(税込み)
・CD-R : 3,000円(税込み)
ご注文受け付けフォームに必要事項を登録してください。あわせて、お振込により代金をお支払いください。ご入金確認後、発送させていただきます。
ガイダンス2017ご注文受付フォーム